創業明治13年『うなぎ・会席料理・仕出し料理』の老舗

<電話でのご予約・お問い合わせ> 11:30~21:00(ランチ:11:30~15:00)

開盛庵の歴史

おかげさまで創業(明治13年)以来、
代々うなぎ屋として皆様にご愛顧頂いてまいりました。

開盛庵は、創業明治13年の創業以来、
うなぎ・会席料理のお店としてご愛顧頂いております。

開盛庵の歴史

創立 明治13年
創業者鈴木周吉が玉澤横丁に開店。店は妻に任せ、自身は天びん棒を担ぎ遠く山形県内の得意先廻りをする。生鰻の卸は東北六県、北海道にも及ぶ。
明治20年
玉澤横丁より立町通りに移転。
昭和2年
赤井横丁に『開盛庵』を新築し、支店とする。
昭和6年
立町通り店を、30年余もお客様に親しまれてきた愛称ウンダ婆さんに譲り支店とし、赤井横丁店を本店とする。
昭和20年
戦災のため全焼。立町通り支店は廃業。12月には赤井横丁に新店の建築を開始し、翌年3月に落成、開店する。
昭和27年12月
東一番丁に開盛庵支店を開くとともに、株式会社 開盛庵となる。
昭和32年12月
七十七銀行本店新築のため、土地を譲り東一番丁七番地に本店を新築し、開店する。
昭和44年11月
株式会社 開盛庵 本店 改築開店
昭和46年
三越 地下食品売場に出展
昭和52年7月
藤崎 地下食品売場に出展
平成5年7月
仕出部 有限会社スズキフーズを 有限会社 開盛庵フーズと社名変更。